1. ホーム
  2. 顕彰事業
  3. 顕彰者の紹介
  4. 平成24年度 エネルギア賞 受賞者の横顔
  5. 長田 京大さん

エネルギアスポーツ賞

長田京大さん 大会の様子@(2011.8 青森) 大会の様子A(2011.8 青森) 大会の様子B(2011.8 青森)

長田 京大さん(新体操指導)

現住所岡山県井原市
1995年国士舘大学卒業
1999年岡山県立精研高等学校  保健体育科 教諭
2006年岡山県立井原高等学校  保健体育科 教諭
現在に至る
受賞歴
2006年第8回岡山県トップアスリート賞(スポーツ功労賞)
2007年岡山県教育関係功労者表彰
2009年文部科学大臣優秀教員表彰
全国大会の成績
2004年全国選抜大会 個人総合1位
2005年インターハイ 団体1位、国体 1位
2006年インターハイ 団体1位、個人総合1位
2011年インターハイ 団体1位
その他全国レベルの大会において、多数の上位入賞に導く。

1999年に赴任した精研高等学校に、県下初の「男子新体操同好会」を発足させ、翌年には部とした。
発足時から監督として着実な成果を上げている。

全国レベルの大会では、団体でインターハイ3回、国体1回の4回、個人総合においても、2004年全国選抜大会と2006年インターハイの2回と、計6回の優勝に導いている。
特に、2005年地元開催の第60回国民体育大会では見事優勝し、岡山県の天皇杯獲得にも貢献した。

こうした指導力が評価され、2006年には優秀な指導者に贈られる岡山県トップアスリート賞の表彰を受けている。

今後も、全国的なレベルで男子新体操競技の普及、競技力の向上に多大な貢献を果たしていくことが期待される。(T)