1. ホーム
  2. 顕彰事業
  3. 顕彰者の紹介
  4. 平成25年度 エネルギア賞 受賞者の横顔
  5. 藤田 卓也さん

エネルギア音楽賞

藤田卓也 2011年9月24日 第20回みつなかオペラ 歌劇「ラ・ファヴォリータ」(指揮:牧村邦彦 演出:井原広樹)

藤田 卓也さん(テノール/下関市)

住 所山口県下関市
1999年島根大学教育学部特別教科(音楽)教員養成課程卒業
2001年同大学院教育学研究科教科教育専攻音楽教育専修 修了
2003年ウィーン芸術市民大学 オペラ科(〜04年)
2005年プライナー音楽院オペラ科(4月〜9月)
現在に至る


【受賞歴】
2001年第6回KOBE国際学生音楽コンクールB部門声楽最優秀賞・兵庫県知事賞受賞
島根大学学長賞受賞
2002年第17回シュナイダー・トルナフスキー国際声楽コンクール一般部門特別賞受賞(スロヴァキア)
2004年エンミー・デスティン創設音楽コンクール2004 特別賞2位受賞(イギリス)
2005年第40回アントニン・ドヴォルザーク国際声楽コンクール オペラ部門2位受賞(チェコ)
2008年山口県芸術文化振興奨励賞受賞
2010年NPO法人 芸術・文化 若い芽を育てる会助成受賞
■写真第20回みつなかオペラ 歌劇「ラ・ファボリータ」(指揮:牧村邦彦 演出:井原広樹) 2011年9月24日

幼いころから高校3年生までは甲子園を目指し野球一筋の生活をおくっていた。夏の甲子園予選山口県大会でベスト8に散り燃え尽きるが、文化祭の催し物として、運動部の友人4人でアカペラコーラスを披露したことがきっかけとなり、大学入学後に音楽を学び始めた。

島根大学大学院修了後、2003年からヨーロッパに渡り、オペラ・オペレッタを中心に学び、国内はもとより、海外ではヨーロッパの国際音楽祭にも多数の出演がある。
スロヴァキアのバンスカー・ビストリツァ国立歌劇場において、「ラ・ボエーム」のロドルフォ役として出演した公演初日には満場総立ちとなり、幾度のカーテンコール後も拍手が鳴り止まなかった。その力量は多くの人に認められ、コンクールで入賞を重ねている。
スロヴァキアのテノール歌手、ペーター・ドヴォルスキー氏より「最高のテノール」という最大級の称賛も受けている。

帰国後は、地元の山口県長門市で開催される「ラポール芸術際」での中心的な役割のほか、下関市における震災チャリティーコンサートなどのコーディネートも行った。
教育機関(保育・幼・小・中・高・大学)、病院、福祉施設などでの身近な公演も数多く開催しており、地元の芸術普及に大きく貢献している。
もちろんオペラ公演でも活躍し、一流の出演者の中で数々の主役を演じ、高い評価を得ている。
今後も、西日本地域の音楽文化発展への寄与とともに、更なる活躍が期待されている。(N)