1. ホーム
  2. 顕彰事業
  3. 顕彰者の紹介
  4. 平成25年度 エネルギア賞 受賞者の横顔
  5. 嶋田 信子さん

エネルギアスポーツ賞

嶋田信子さん 活動の様子 活動の様子

嶋田 信子さん(なぎなた指導/下関市)

現住所岡山県下関市
1991年福岡大学体育学部体育学科卒業
2005年山口県立長府高等学校 なぎなた部顧問
2012年下関国際高等学校 なぎなた同好会顧問、国体なぎなた競技総監督
現在に至る

【本人の競技歴】
1989年北海道国体 団体の部 1位
1990年福岡国体 演技、団体の部 1位

【受賞歴】
2008年栄光のメダル(山口県)
2009年メダル栄光(山口県)、国体栄誉賞
2010年栄光のメダル(山口県)、国体栄誉賞
2011年メダル栄光(山口県)、国体栄誉賞
2012年栄光のメダル(山口県)

【全国大会の成績】
2009年新潟国体 演技の部 1位
2011年山口国体 演技の部 1位
その他その他全国レベルの大会において、多数の上位入賞に導く。
■写真活動の様子

2005年に常勤講師として長府高等学校に勤務し、なぎなた部の顧問となる。
指導を始めて3年目の2007年と翌2008年全国高校総体には団体3位に入賞させ、その後、2009年新潟国体および2011年山口国体の演技の部での優勝、その他全国レベルの大会において上位入賞に導いている。

部員のほとんどが初心者であり、礼儀作法を含め知識や技術を指導している。そのため、全国指導者研修会や各種の審判研修に積極的に参加するなど研究熱心である。また、公認コーチ資格取得事業や次世代指導者育成研修会等に参加して、指導者としての資質能力、意欲の向上にも力を注いでいる。

2012年からは、下関国際高等学校教諭として勤務し、なぎなた同好会顧問として指導にあたっている。そのうえで山口県なぎなた連盟理事長として、連盟の活動に尽力するとともに、2006年兵庫国体からなぎなた競技総監督も努め多数の入賞を果たすなど、意欲的に活動を続けている。
今後も全国レベルでのなぎなた競技の普及、競技力の向上に多大な貢献を果たしていくことが期待されている。(O)