1. ホーム
  2. 顕彰事業
  3. 顕彰者の紹介
  4. 平成26年度 エネルギア賞 受賞者の横顔
  5. 岡本 佳子さん

エネルギア美術賞

okamoto-yosiko 接合せ箱「氷華」 9×13×11.5cm 銀・四分一 2011年  /接合せ菓子器「輝響」 9×29×9cm 銀・四分一 2012年 受賞のことば

岡本 佳子さん(金工/防府市)

住 所山口県防府市
1997年山口芸術短期大学卒業
山口県指定無形文化財金工保持者・山本晃氏に師事
2008年日本工芸会正会員となる
現在に至る

【受賞歴】
1998年日本金工展 入選(以後、連続入選)
1999年第34回西部工芸展 日本工芸会賞受賞
2000年第23回伝統工芸新作展 日本工芸会山口支部長奨励賞受賞
2004年第27回伝統工芸新作展 NHK山口放送局賞受賞
2005年第28回伝統工芸新作展 朝日新聞社賞受賞
同年日本伝統工芸展 入選(以後、8回入選)
2006年第41回西部工芸展 朝日新聞厚生文化事業団賞受賞
2007年第42回西部工芸展 朝日新聞厚生文化事業団賞受賞
2008年第43回西部伝統工芸展 九州朝日放送賞受賞
2009年第38回伝統工芸日本金工展 朝日新聞社賞受賞
2010年第39回伝統工芸日本金工展 文化庁長官賞受賞
同年第33回山口伝統工芸展 yab山口朝日放送賞受賞
2011年第34回山口伝統工芸展 日本工芸会山口支部長賞受賞
2012年第59回日本伝統工芸展 日本工芸会会長賞受賞
2013年山口県芸術文化振興奨励賞 受賞
■作品接合せ箱「氷華」 9×13×11.5cm 銀・四分一 2011年
接合せ菓子器「輝響」 9×29×9cm 銀・四分一 2012年

山口芸術短期大学で山本晃氏に師事し、金工を初歩から学ぶ。
山口県ではあまり馴染みのない金工という伝統工芸を受け継ぐ若手の第一人者として活躍を続ける。

絵本作家志望であったため、絵画的なデザインの作品も初期には見られたが、次第にモダンな感覚を盛り込んだ抽象的なデザインへと移行し、その新鮮で精巧な作品は、多くのコンペティションで受賞を重ねてきた。

とりわけ重要なのは、2012年に受賞した日本伝統工芸展での『日本工芸会会長賞』であり、この若さでの同賞受賞は、伝統工芸の世界においてもその将来性が極めて高く評価されたことを示すものである。

翌年には、山口県芸術文化振興奨励賞を受賞するなど、今後更なる活躍が期待されている。(S)