中国生産性本部 CHUGOKU PRODUCTIVITY CENTER

HOME >> 中国地方経営品質賞 >> 受賞組織
中国生産性本部主催セミナー
経営品質セミナー
会員サービスのご案内
経営の質を高める講演記録
会報「あすへ」
中国地方経営品質賞
受賞組織の紹介
中国生産性本部とは?
中国経営品質協議会とは?
中国労組生産性会議とは?
更新情報
リンク集
お問い合わせ
HOME
Acrobat Reader
※AcrobatReaderがインストールされていない場合は、上のバナーよりダウンロードしてください。

中国地方経営品質賞 中国地方経営品質賞

受賞組織





カーポート佐々木グループ

カーポート佐々木グループ概要

本社所在地

事業内容

事業エリア

事業拠点数

社員数

売上高(2005年度)

広島県府中市

j自動車販売・整備,車検事業,保険事業,自動車買取事業

広島県東部(府中市,福山市)

グループ4社全体で11ヶ所

134名(準社員38名含む)

グループ4社全体で 5,847百万円
 
【受賞理由】
  「喜びのカーライフをお届けする」を理想の姿として、顧客・市場に対する理解が深まったことにより、お客様への安心と信頼の提供を目指してあらゆる段階でのサービス提供と徹底フォローによる末永い絆づくりを実践するとともに、自主・自立・協働の社員育成と幸せを求めることに努め、優れた業績が維持されている。

高く評価された点は以下のとおり。
 〔お客様情報を整備してお客様との末永い絆づくりを構築している〕
  
 当社を一度でもご利用いただいたお客様は、Cカードに登録して、徹底的にフォローして  いる。中でも上得意のお客様は、ロイヤルカスタマーとして、お中元やお歳暮、誕生日祝い  の品物を社長自らお届けして、ご意見を聞くようにしている。ロイヤルカスタマーからのご意  見は、お客様アンケートと共にお客様満足・不満足とその要因を把握・分析し、戦略策定の  資料として活用している。この結果は、営業車検の向上率やお客様による顧客紹介につな  がっている。

 〔自動車関連総合事業力を生かしてカーライフの満足を提供している〕
   お客様との初面談から販売後のアフターサービスまでのカーライフのあらゆるステージ   で、お車を満足してご使用したいただくサービスを提供するため、自動車関連事業の総合   力を結集した「新商品・新サービス開発プロセス」「お客様との取引の維持・強化のプロセス  」を構築している。この結果は、新規顧客の獲得や高いお客様満足度の維持につながって  いる。

 〔高い技術力・顧客対応力を維持・向上し、お客様の信頼を獲得している〕
   お客様に安心を頂く技術サービスを提供するために、メーカー講習会や整備資格の習得  を奨励している。また、お客様にとってカーライフを楽しむ上で最大の関心ごとは、「事故に  対する対応」であると認識して、安心して事故処理ををお任せいただけるよう保険業務の取  り組みと共に、保険資格・事故処理対応資格の習得を奨励している。H18年の時点では、  他社にはいない検査員レベルの技術を有する社員が10名にも及び、新しく事故対応1級、  2級資格者を4名育成している。これらは、入庫台数の増加や保険継続率の高い維持につ  ながっている。

 〔人間性向上、協力風土の醸成によりモチベーションの高い社員を育成している〕
   「喜びのカーライフ」をお届けするためには、単に技術力だけでなく「礼儀を重んじ、人格を  磨き、人間性を向上すること」を組織力・社員力向上の基本的な考え方としている。そのた   め、経営計画書に「環境整備に関する方針」を定め、毎日の整理・整頓・清潔・礼儀・規律に  ついて自ら見直す活動をしている。また、「お客様に喜びのカーライフ」をお届けする活動を  推進するため、5つのプロジェクトチームを編成し、全社員が自主的に参加する仕組みとな  っている。社員の採用に当てっては、「社員に関する方針」で採用条件を「明るい笑顔で素   直な人」と規定すると共に、試用期間中に全職場を研修し、職場理解と適所の確認をしてい  る。社員の育成に当たっては、キャリアマップに基づき、本人の希望を組み入れながら、技  術的な研修と共に「躾・マナー研修」のような人格を磨く研修も取り入れている。日常業務に  おいては、「サンクスカード」の仕組みにより「人間性の向上」「協力風土の醸成」を推進して  いる。これらの結果は、仕事に対する達成意欲の向上、協働・連携風土の醸成につながっ  ており、スズキCSIの調査でも、販売担当者、スタッフに対する高い評価となって表れてい  る。

ホームページアドレス
  http://www.carport-sasaki.com/

    




株式会社さんびる


株式会社さんびる概要

本社所在地

事業内容

事業エリア

事業拠拠数

社員数

売上高(2005年度)

島根県松江市

総合ビル管理、労働者派遣、指定管理業務

鳥取県,島根県,山口県,岡山県

販売拠点7ヶ所

533名

1,627百万円
 
【受賞理由】
 組織の価値観を統一して経営方針書を核としたマネジメントを展開し、全国規模の大資本や地元同業者に対する競争優位性を保ち、「率直な人間性と積極的行動力」でスピードと「丁寧に行われる体系的なアフターフォロー」を提供し、山陽地域への進出も始め、それに伴いビジネスパートナーとの協働を前進させている。

高く評価された点は以下のとおり。
 〔経営方針書を核とするマネジメント〕
   全社員に配布・説明する「経営方針書」において、採用・教育・評価などに関する方針を多  数明示して、社員の行動に際しての迷い・不安を最小限にし、行動・活動の徹底ができる環  境を作っている。また同書でのスケジュールの明示により、戦略の策定、月次の幹部会、   パートナー会議、CAPが集う安全衛生委員会などのマネジメントのサイクルを確立したうえ  、販売の実績を上げつつある「ビルメン管太」システムによって、散在・生起する物件につい  て、見積・提案から作業指示書・請求と日常作業までのプロセスを一元管理して、新事業   分野に進出するためのパフォーマンス(組織能力)の基盤としている。

 〔特性に応じた、苦情を軸とした割り切りのマネジメント〕

   ローテク・労働集約型の業界にあって「素直な人材の育成」に注力したうえ、苦情を「責任  追求は一切行わない」「ハートコール」と呼び習わし、30分以内などと基準を定めた対応フ  ローにより「スピードで」一次対処している。その後、ISO9001 内部監査によってプロセス  改善に高めて再発を防止し、一次対処の情報や改善されたプロセスをボイスメールなどに  より全社で共有して、組織全体としては未然防止の機能を持たせてきた。散在する各種物  件、形が残りにくいサービス提供、熟練度を保ちがたい雇用特性といった特質に対応して、  お客様を指標として施工プロセスの不具合を発見し対応するもので、顧客数の増加にもか  かわらず月平均クレーム件数を低下させている。

 〔戦略的な顧客・満足の定義と知覚品質のアピール〕
   このような施工プロセスの維持・改善に加えて、作業前後の挨拶や3日後に様子を伺う
  CSコールを励行し、顧客の期待を超えた「迅速且つ丁寧はアフターフォロー」を実現してい  る。既存顧客をメインに「さんびるの相対的品質」により選定していただけるお客様をターゲ  ットにすることで、最高の満足の状態は新規顧客紹介、次の満足はリピート、顧客内シェア  の向上といった、価格競争とは一線を画した受注に結びつけ、入札制度による失注案件の  発生にも関わらず売上高を伸ばしている。更に常駐型顧客に対しては年2回、「作業前後   挨拶」「仕様書どおり」「スピード対応」を中心に伺うCSアンケートを実施して、自社の強み   の再確認を促すと共に、クレーム未満の不具合までマネジメントしている。

 〔「アセスメント」などによる独自の能力開発の始動〕
   複数の組織横断チームを展開して自主的活動を促した上で、戦略策定た展開・統制のス  テップとして全社・各セクションで、ビジョンから現状・ギャップを見出す「未来対応型問題解  決シート」(ビジョンを実現するための設定型問題に対する対応策)などの思考ツールを備   えたアセスメントを展開するとともに、社外への派遣も視野に入れた社内講師を養成し、こ  れまでの施工に関わる技能・資格に加えて、対話やプレゼンテーションといった能力の開   発を含めた独自の方法を形成し始めている。
   アセスメントでは、あるべき姿の確認と反省、上位者が発言を控えて自由な意見交換を促  すといった高度な訓練を重ね、経営方針書を核としたマネジメントの高指示性に対して、参  加的・協働的な組織への変革に備えている。

ホームページアドレス
  http://www.sanbg.com/

    




株式会社日立中国ソリューションズ

株式会社日立中国ソリューションズ概要

本社所在地

事業内容


事業エリア

事業拠点数

社員数

売上高(2005年度)

広島県広島市

システムインテグレーション事業、パッケージソリューション事業、基本ソフトウェア開発事業

全国

販売拠点 5ヶ所

582名

11,477百万円
 
【受賞理由】
  トップの強い変革へのリーダーシップのもとにビジョンを徹底させ、品質重視の伝統を受け継ぎながら、顧客ニーズの実現を目指し従来のプロセスを変化するため「経営革新プロジェクト」などの新たな仕組みづくりを実践している。

高く評価された点は以下のとおり。
 〔トップの変革へのコミットメント〕
   日立グループの技術分野担当として培われた品質重視の社風に加え、新たに「パッケー  ジを中心としたソリューション」ビジネスの展開など独自ビジネスのための顧客本位の風土  への変革を目指し、JQAセルフアセスメントの導入に始まり、社長をリーダーとする「経営   革新プロジェクト」活動、顧客満足度調査や社員満足度調査の実施、「古林オンライン」」の  実践など、掛け声だけでなく、トップの明確なコミットメントとして、実際に人、時間、金をか   めさまざまな仕組みを構築してきた。

 〔社員の変革への意識と必要なスキルの高さ〕
   新たなパッケージを中心としたソリューションの提供という考え方とその考え方に基づく戦  略は、目標管理制度により現場まで理解され、それぞれの仕事でこの新たな考え方の位   置づけが明確化されている。そして、その実現に必要な技術的なスキルに加え、お客様と   の対話の重要性を現場が理解している。さらに、自主事業を実現するために関連部門や関  連各社を動かしていくために必要なプロジェクトを運営するスキルも育成する仕組みが構   築されている。
 
 〔品質重視の社風によるお客様との強い信頼関係〕
   顧客とのより強い信頼関係を維持するために、日立グループの「落穂拾い」を象徴とする  苦情対応においては、総務系パッケージ分野でのサポートセンターへの苦情や要望がデ   ーターベースに登録され、関係者で共有・フォローされる仕組みがある。また、産業・流通   分野での日常の営業・サービス活動た幹部の訪問やお客様との定例会で得られた情報が  データベースに登録され、関係者で共有されフォローされている事例のように顧客を最後ま  でフォローするという強い意志とそれをグループ各社の力も合わせて実行するプロセスが   備わっている。

ホームページアドレス
  http://www.hcu.co.jp/

    





日本フエラス工業株式会社

日本フエラス工業株式会社概要

本社所在地

事業内容

事業エリア

事業拠点数

社員数

売上高(2005年度)

鳥取県米子市

建築用鋼製下地材料(リブ付金網、製造・販売)

全国(北海道・沖縄を除く)

販売拠点 5ヶ所

48名

845百万円
 
【受賞理由】
  ブランドの確立や安定感のある経営を求めた経営幹部のリーダーシップにより、幹部会の議事内容開示による意識の共有や提案制度による経営の透明性を図るとともに、専属施工業者の全国ネットでの組織化で顧客価値を高めることにつながっている。

高く評価された点は以下のとおり。
 〔全国ネットで組織化した専属施工業者〕
   貴社は、「施工物件の品質、工期、出来栄えの良さで実績を積み上げ信頼関係の構築を  図る」を基本に、事業活動を行っている。地中梁市場における事業規模は専属施工業者の  施工品質や施工能力に制約され、専属施工業者の能力を最大化を図ることが売上拡大に  直結する。
   そのため、専属施工業者を全国規模で組織化し、全国的な視点から各地域の受注状況   に応じて書く専属施工業者の負荷調整(仕事量調整)が行われている。毎年、専属施工業   者の職人数も増加傾向にあり組織力の向上になっている。これにより、貴社が設定してい   る最高の技術による施工が全国的に可能になったという点で貴社の独自性として評価でき  る。
 
 〔提案制度による社員の経営参画〕
   社内の改善活動推進にむけ提案制度が導入されている。社員からは毎月3〜4件の提案  が提出され、内容により参加賞、採用賞、社長賞、など各種の賞で表彰されている。採用さ  れた案件には社員名が記入され「誰の提案により改善されたのか」明確になる仕組みがと  られており、社員の改善活動への意識付けが図られている。提案制度には提案委員会、サ  ポート委員会、資料作成委員会、審査委員会などの各種委員会があり、サポート委員は半  年ごとに全社員から交替で委員を選出・担当し、社員の提案制度への参加も増加している  。これにより、社員の経営への参画意識が醸成されると評価できる。

 〔経営理念実現に向けて変革実現への取り組みの着手〕
   「施工物件の品質、工期、出来栄えの良さで実績を積み上げ信頼関係構築」へのこだわ  りを基本に、社を挙げて「顧客のつぶやきを共有化」を核とする企業変革を打ち出し、組織   全体を巻き込み、経営品質向上プログラムを基盤とする取り組みを始めたことは、変革実   現に向けた強化につながる有効な取り組みと評価できる。現在、認定セルフアセッサーを   中心に変革への取り組みを進めているが、今後、この主体的な取り組みが一層促進するも  のと考えられ、より多くの社員・ビジネスパートナーなども巻き込んだ全社的な変革活動へ  の取り組みが期待される。

ホームページアドレス
  http://www.nihon-fuelasu.co.jp/

    




美保テクノス株式会社

美保テクノス株式会社概要

本社所在地

事業内容

事業エリア

事業拠点数

社員数

売上高(2005年度)

鳥取県米子市

民間建設工事、公共工事(土木・建設)、住宅工事

鳥取県西部、島根県東部

事業拠点 3ヶ所

139名

6,021百万円
 
【受賞理由】
  顧客・市場環境が大きく変わり、公共事業依存型の経営から民間建築や個人住宅建設へと事業を変革し始めており、また、高等専門学校生や工業高校生を地元企業への就職につなげる実務教育を支援し、地域密着の姿勢を貫いている。

高く評価された点は以下のとおり。
 〔地域社会の声を聞き組織を変革していく力〕
   貴社は、約50年前に土木工事事業からスタートし、市場環境の変化や地域社会のニー   ズを先読みすることにより、また、地域社会で先頭を切ってTQCを導入・展開したりISO    9001やISO14001の認証取得に取り組むことによって、土木工事中心の業務運営から法人  建築を経営の柱にして事業の変革を推進し、個人住宅など新規分野も育てている。その間  に培ってきた工事管理能力の高さや設計の企画・提案力は地域社会から大きな評価と信   頼を勝ち取っており、関係者が一丸となって地域社会の情報を収集し、自身で変革しようと  する組織の基盤となっている。

 〔社長が率先する地域貢献活動〕
   社長が業界団体や商工会議所の要職を務めるなど地域と積極的にかかわって地域の発  展に取り組んでおり、第一線社員やグループ企業、協力企業がボランティアや地域の行事  に参加する支えとなっている。これらの活動を通じて地域社会から収集した声の中から、例  えば、高専生や工高生を地元企業への就職につなげる実務教育の支援活動を展開するな  ど、地域に密着した企業として積極的な取り組み姿勢を社会に示している。
 

ホームページアドレス
  http://www.miho.co.jp/

    


 
 

HOME更新情報中国生産性本部主催セミナー経営品質セミナー会員サービスのご案内経営の質を高める講演録会報「あすへ」
中国地方経営品質賞中国生産性本部とは?中国経営品質協議会とは?中国労組生産性会議とは?リンク集お問い合わせ

Copyright(c) CHUGOKU PRODUCTIVITY CENTER. All rights reserved.